« 小型旅客安全講習に行ってきた | トップページ | 発電系をブレーカーに接続 »

2011年3月25日 (金)

正弦波インバータが故障

昨日まで横浜市内で車中泊をしていたわけですが、この最中に電気毛布とパソコンに
車搭載の正弦波インバータを使っていたら車側に設置している30Aヒューズがぶっ飛びました。
こんなヒューズが切れることないだろと狭い場所にナイフスイッチ付き爪付きヒューズを使用していたので
交換が大変。
で、この機会にと家庭内用の30Aブレーカーを現地で購入し付け替えました。
ブレーカー関係の写真は後ほど追加します。
家庭内用のブレーカーは交流用なのですが、30A(アンペア)くらいならL側(バイメタルがある方)に+を、
そうでないN側(ニュートラル 中線)に-を通すと+の電流でトリップ(ブレーカーが働くこと)したときに
+-両方とも切れます。
車は車体が-(マイナス)になっているのでN側配線は余り意味はないのですが、余っているのもしゃくだし
+-平行に引き回したいという理由で通してあります。

さて壊れたインバータ、どうしたものかとメーカーに修理の手続きをメールしてみたところ
8年前にディスコン(製造終了)で修理部品もないとのこと。
回路図だけでもと送ってみたものの回答なし。
仕方ないのでばらしてみました。
この手のインバータはMOS-FETが絶縁破壊していることが多く、汎用素子であれば
何とかなります。
さてどうかな、駆動系のFET(TRかもしれない)は大丈夫そう、でも型番わからず。
出力用FETはどうもフェアチャイルドのRFP70N06らしい。
インバータなので+側波形と-側波形(プッシュプル)を受け持つために
2個単位で付いているはずなので確認すると全部で8個、内2個が短絡状態。
この2個を交換すれば何とかなるか。ネットで検索すると安いところで200円/個、高いと700円。
安いところで今後のことも考えて10個を注文した。
いつ着くかな。
型番書いてなかったけど大橋産業のDA600、7年ほど前にオークションで3万円くらいで落札。
いやに安いなと思ったら在庫処分品だったらしいです。
今オークションに同系統のDA300って出てるけど修理できない人は買わない方が良いですね。
注文したFETで直ればいいが。

前回と同じく写真を並べてみます。
Da600

大橋産業DA600基板 TO-220型は全部フェアチャイルド製 汚いハンダ さすが中国製

Photo

生きてる?キミ  テスターを当てているのがRFP70N06

Photo_2

ハンダ吸い取り中 電動吸い取り器でないとスルーホールは大変  ずずっ ずびびび 鼻すすっているみたい

Photo_3

さっぱりしました 隣の部品の足まで吸っちゃった

Photo_4

形式不明のドライバ半導体 ご存じの方はご連絡ください

Rfp70n06

フェアチャイルド MOS-FET RFP70N06 TO220AB型 Vdss=60V Id=60A
互換品は多数あり


« 小型旅客安全講習に行ってきた | トップページ | 発電系をブレーカーに接続 »

修理 DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正弦波インバータが故障:

« 小型旅客安全講習に行ってきた | トップページ | 発電系をブレーカーに接続 »